エムピウのストラッチョ レビュー|小さくても優れた収納性と使い勝手

m-piu-straccio-001 おすすめ・レビュー

この記事では、エムピウのストラッチョに関するレビューをしています。

ストラッチョを良さそうだと思いながらも、以下のような心配はありませんか?

  • 小銭が落ちない?
  • 実際にどれくらいのお金が入るのか?
  • カード、全然入らなくない?
  • カードの出し入れの際に、引っ掛かりがあると聞いたんだけど?

などなど。

結論としては、使い方や工夫次第で、問題ありませんでした。

以下では、購入前に感じるであろう疑問にも触れながら、エムピウのストラッチョをレビューします。

ネットでしか買えない、限定カラーが買えるショップも紹介します。

スポンサーリンク

エムピウのストラッチョを購入した理由

ミッレフォッリエを使っていますが、より小さな財布を試してみたいと思い、ストラッチョを購入。

「小銭入れ」ではなく、「小さい財布」って、結構いろんなのがあるんですよね。

僕がストラッチョを選んだ理由は、すでにエムピウの製品を愛用していて、素材や作りに安心感があったためです。

使いにくい?エムピウのミッレフォッリエ レビュー|3カ月かけて厳選したコンパクト財布
カラー豊富、男性・女性兼用のコンパクト財布である、エムピウのミッレフォッリエに関するレビューです。ネット限定を含むたくさんの型番・モデル、エムピウの店舗・取扱店、他のコンパクト財布なども紹介します。ミッレフォッリエをはじめて見た時は、「ちょっと使いにくいかな?」と少し心配しましたが、問題ありませんでした。

ストラッチョ(straccio)とは

ストラッチョという言葉は、「端切れ・ぼろ切れ」という意味で、それが転じて「存在感が希薄な」という意味を表します。

これだけだとネガティブなイメージ・・・。

でも、本当のコンセプトは、「これだけでもひと通り使えるよね」ということです。

使われている革は上質ですし、作りもしっかりしています。実物を前にすれば、一目で「端切れ・ぼろ切れ」ではないことが分かります。

小さいながらも最低限の機能が詰め込まれた財布です。

その小ささを考えると、「存在感が希薄な」というのは、合っている気がします。

ストラッチョは、「リスシオ・ブッテーロ」と「スペリオーレ」の2モデルあります。

「スペリオーレ」が上位モデルで、少し値段が高いです。詳しくは、限定カラーが買えるネットショップの項目で後述します。

エムピウ ストラッチョのレビュー

実際にストラッチョを使用した上でのレビューです。

使用しているストラッチョは、「リスシオ・ブッテーロ」のナポリという色です。

こんなに小さなストラッチョですが、開くとカード入れ、小銭入れ、お札入れがあります。

外観・サイズ感

m-piu-straccio-001

ストラッチョの見た目は、普通。一見すると小銭入れか、カードケースに見えますね。

片手に収まるサイズです。

外側はとてもシンプルなデザイン。目につくのは、縫い目くらい。

m-piu-straccio-002

こちらは裏側。

m-piu-straccio-004

開いた状態(外側)。

m-piu-straccio-005

開いた状態(内側)。

m-piu-straccio-003

購入直後、何も入れていない状態だと、意外と厚みがあります。

ただ、使っていると、すぐにペチャンコになります。

小銭・コイン入れ

ストラッチョを初めて見た時、小銭はあまり入らないと思っていました。

m-piu-straccio-010

その理由は、ポケットのサイズが小さく、蛇腹になっていないし、マチもないから。

ところが、実際に使ってみると、小銭は結構たくさん入ります。

m-piu-straccio-006

公称では100円玉15枚が収納枚数ですが、もっと入ります。20枚は確実に入ります。

革が柔らかいので、小銭の量に応じて、よく馴染む感じ。

開口部がよく開きますので、中の視認性は悪くないですし、小銭の出し入れに不便はないです。

ただ、入れすぎると、取り出しにくくなるので、注意が必要です。

m-piu-straccio-008

小銭入れには蓋が付いていますが、ボタンなどの留め具はありません。蓋は折り曲げるだけです。

折り曲げるだけの蓋なら、無くても良いと思っていましたが、使ってみると必要性が分かります。

m-piu-straccio-007

折ってるだけなのに、財布を逆さまにしても、小銭が落ちません。

逆さまにしても問題ないくらいなので、普通に使用していて小銭が落ちることはないです。

たぶん、革が固すぎても使いにくいですし、柔らかすぎると蓋として機能せずに小銭が落ちたはず。

革の固さや厚みがちょうど良いので、使いやすいのだと感じます。

m-piu-straccio-009

小銭を見やすくするために、この蓋を小銭の受け皿に使うこともできます。

カード入れ

m-piu-straccio-011

公称では、厚めのカード5枚程度となっていますが、いきなり5枚入れるのはおすすめしません。

例えば、キャッシュカードやクレジットカードのようなカードは、最初は4枚でピッタリ。

はじめは出し入れが結構きつめです。

でも、使っているうちに革がのびて、使いやすくなります。そうなると、5枚入れても、そこまできついとは感じません。

このカード入れ、実は普通に使うと1つ欠点があるんです。

それは、カードを入れる時に、奥まで入れにくいこと。

ボタンの裏側が少し出っぱっていて、そこに引っ掛かります。

m-piu-straccio-012

この問題の解決策は、裏側の出っ張りににテープを貼ることです。

親指の爪程度の大きさにセロハンテープを切って、裏側の出っ張りに貼る。これだけで、全く引っ掛からなくなりました。

例えると、バリアフリーみたいな感じ。段差を無くすとつまずかないのと同じ原理ですね。

また、その他の解決策はカードを入れる時に、必ず内側(お札入れ側)に入れることです。

内側であれば、突起物が無いので、引っかかることなく入れられます。

普段は一枚の決まったカードしか使わないという人には、これで良いです。

ただ、いろんなカードを満遍なく使う人は、毎回内側にしまうと、カードの収納位置(例えば、内側から数えて何枚目か)が変わってしまうので、ちょっと不便かもしれません。

セロハンテープを貼るのが嫌で、カードも複数まんべんなく使う場合は、外側(ボタン側)に、自分の名刺など、薄くて固めの紙を入れておくとスムーズに動きます。

あと、カード入れには、新幹線のチケットもぴったり入ります。

m-piu-straccio-013

チケットを押し込む前の状態。

m-piu-straccio-014

チケットをしっかり入れた状態。

m-piu-straccio-015

カードを入れて、ストラッチョを閉じた状態。チケットの端が、ほんの少し湾曲してますが、自動改札機は問題なく通過できました。

お札入れ

m-piu-straccio-016

ストラッチョは小銭入れサイズにも関わらず、お札を折らずにしまえます。

普通の小銭入れだと、お札を折らないといけないので、出し入れが面倒。

ストラッチョならスムーズにお札の出し入れができます。

お札入れ部分は、革の裏側なので多少ざらつく手触りですが、お札の出し入れへの悪影響は感じません。

公称ではお札10枚の収納可能ですが、もっと入ります。僕は、合計15枚くらいになるように紙幣を補充しています。(ほとんど1000円札です・・・)

小さい財布の中には、お札の大半が丸見えになる製品もあります。

m-piu-straccio-008

その点、ストラッチョはお札がむき出しにならないところも良いてすね。お札の先端が少し見えるくらいです。

お札入れを完全に開かずにお札が取れるので、機能的な気がします。

お札入れにはカードを入れることもできます。

カードの厚さやその時に入れているお札の枚数にもよりますが、厚みがあるカードでも、2枚は入ります。

ポイントカードとかを入れても良いです。

m-piu-straccio-017

新幹線チケットは、お札入れにも入れられます。

カード入れの時と同様、若干端っこが湾曲しますが、折れ目が付くことは無いので、自動改札機は問題なく通れます。

携帯性

小さいので、携帯性は抜群。片手で持つのも、小さいバックに入れるにも扱いやすい。

バックの内側のポケットとか、バック・イン・バックのポケットにも入れ易いです。

ズボンのポケット、Yシャツの胸ポケットにも入ります。生地が柔らかいので、ポケット内があまりゴツゴツしないのもよいですね。

質感・経年変化(エイジング)

購入直後は艶は強くないですが、1ヶ月も経たないで、艶がでてくるのが分かります。

また、色の変化も早く出てきます。

僕のストラッチョの色はナポリという色ですが、最初はみかんっぽく、やや派手な色でした。

ただ、派手さが抑えられながらも、ツヤが出てきて、良い感じです。

ストラッチョは、革を育てていく感じが好きな人は、間違いなく気に入ると思います。

ちなみに、僕が持っているミッレフォッリエはグリージョですが、グリージョも経年変化が良いので、おすすめです。

ストラッチョにもグリージョがあります。

ネット限定モデルあり!ストラッチョの取扱ショップ

現在、ストラッチョは「リスシオ・ブッテーロ」モデルと「スペリオーレ」モデルの2つが販売されています。

モデルを問わず、ストラッチョの購入は、ネットショップがおすすめです。それも、エムピウの通販サイトではなく、amazonや楽天の正規取扱店がおすすめ。

理由は、ネットショップでは「リスシオ・ブッテーロ」、「スペリオーレ」の両モデルにおいて、限定カラーを買うことができるからです。

以下では、モデル別に限定カラーも扱っているショップへのリンクを厳選しました。

ストラッチョは人気があるので、一度在庫切れになると、数カ月入荷しないことがあります。気に入ったモデルや色があれば、早めに購入することをおすすめします。

一方のショップでは在庫がなくても、もう一方のショップで在庫がある場合もありますので、チェックしてみてください。

※以前は山羊革を使った「ゴート」というモデルがありましたが、今は販売していません。

ストラッチョ リスシオ・ブッテーロ

上でレビューをしているモデルです。僕のストラッチョの色はナポリです。

こちらはフリースピリッツというショップです。amazon、楽天、Yahooに出品しています。

ショップ限定11色を含む、全19色を取り扱っています。

限定色は、プエブロレザーというザラザラした革が使われています。

MJSOFT 8種類 エムピウ ストラッチョ(リスシオ、ブッテーロ)
created by Rinker

こちらはMJSOFTというショップです。楽天、Yahooに出品しています。

通常色である8色を取り扱っています。

ハシエンダ 8種類 エムピウ ストラッチョ(リスシオ、ブッテーロ)
created by Rinker

こちらはハシエンダというショップです。楽天、Yahooに出品しています。

通常色である8色を取り扱っています。

ストラッチョ スペリオーレ

同じストラッチョでも、「スペリオーレ」は「リスシオ・ブッテーロ」の上位モデルです。

「スペリオーレ」にしかないのは、

  • お札入れ部分に、ヌメ革で裏当てされている
  • カード入れのボタン部分がカードに干渉しない

という点です。

下記のショップリンク先の画像をご覧いただくと、違いが分かります。

上で紹介した、「リスシオ・ブッテーロ」も取り扱っているフリースピリッツというショップです。amazon、楽天、Yahooに出品しています。

ショップ限定11色を含む、全16色を取り扱っています。

スペリオーレの限定色も、プエブロレザーというザラザラした革が使われています。

まとめ

エムピウのストラッチョは、見た目は普通ですが、使い勝手がよく、小さい割りには収納力があります。

小銭入れと同等サイズの「小さい財布」を探している方には、 ストラッチョがおすすめです。

コメント